援交は女性差別なのかあなたは援助交際について、どのような印象を持っているだろうか?
ここでは、肯定派が大多数を占めるでしょう。しかし、一般的に見れば、ほとんどの回答者が嫌悪感を抱いていると思われます。
ここでは、 「援交は女性差別になるのか?」 について考えていきましょう。

海外の売春と日本の援交の問題点

国によっては、激しい貧富の差から買売春が行われているところもあります。彼女たちは、生きるために売春をしていることがほとんどです。否応なくやっているわけで、日本の援助交際とは少し事情が異なります。

日本の援助交際は、「遊ぶお金がほしい」「洋服がほしい」「ブランド品がほしい」など遊興費がほしいという場合がほとんどです。もちろん、男性と対等な立場で交渉して対価として金品を受け取ります。

お金が欲しい女の子

問題なのは、生きるためにという発展途上国の女性と違い、遊興費のために18歳未満の女の子が日常的に援交を繰り返しているということです。このような心身ともに未成熟な女の子たちに金品で性的関係を持ち掛けることは、「女性差別」に当たるかもしれません。

援交をする女性たちの事情

彼女たちのなかには、誰かに強制されたわけでもなく、自ら進んで「手っ取り早くお金を稼ぎたい」というバイト感覚で援交をしている女性がいます。ほとんどが、ここに入りますが、一部に「貧困女子」と呼ばれる低所得者層が、生活費の足しにするために、援交する場合もあります。

いろいろな事情があるとは思いますが、ここまで援交する女性が増えたのは、スマホの普及によって簡単に相手を見つけて金品の授受が可能になったからでしょう。しかし、彼女たちは差別されているとは考えていないようです。

援交の記念にプリクラで撮影することも

日本国内において援交はそれほど罪の意識を持っている印象がないのは、男性側も女性側も楽しみながら援助交際をしてしまうことがあります。
気軽にできる!という認識があるためコミュニケーションの中で罪の意識がお互いになくなってくるのでしょう。

このようにさまざまな人たちが援助交際のことをプリクラに記念として残しているのです。こう見てみるとやはり罪の意識は男性も女性もどちらも低いことが予想されます。

男性は女性差別と考えているのか?

彼女たちは拒否権を持っています。どちらかと言えば、援交に関しては男性の方が彼女たちの条件に応じざるを得ない形が多いと言えます。このようなことからも、私は差別とは考えにくいと思っていますし、他の多数の男性も差別には当たらないと考えているようです。

中には、援デリ業者のような人権を無視した者も存在しますが、ほとんどは素人女性との関係を望むだけの一般男性です。もちろん、差別意識など毛頭ありません。

一部の国際機関や団体などが、「女性差別」と大声を上げている割には援交の当事者たちは、そのような感覚は持ち合わせていないようです。ルールを守って接すれば、不愉快な思いもせずに「持ちつ持たれつ」の関係が作れるはずです。

関連記事