サイバー補導の画像みなさんは「サイバー補導」という言葉をご存知でしょうか?
これは、警察の介入を意味しますが、これを知っておくことは自分の身を守る上でも大事なことです。
前科者にならないためにも、最悪の事態について説明します。

援交に利用されるアプリを警察も見ている

ここで、「サイバー補導」などの警察の対応について説明しましょう。

援交におけるサイバー補導とは?

インターネットを通じて、主に18歳未満の児童が犯罪に巻き込まれないように、警察庁が導入した補導方法をサイバー補導と言います。18歳以上であっても、未成年であれば、不良行為として補導します。

具体的手法としては、警察官が定期的に出会い系やSNSなどの書き込みをチェックし、不適切な書き込みを発見した場合は、身分を隠して、メールのやり取りをします。そして、援交に発展しそうな場合は、現場に向かい、警察官として注意と指導を行うことになります。

警察も野放しではないが援交する側も抜け道を探している

警察の目的は18歳未満の児童を補導し、非行に走らないように促すことです。そのために、会話のマニュアルを作成して各署に配付するなど、日々対応しています。警察としては、対象となる相手が補導できる対象、すなわち18歳未満かどうかを見極める難しさはあるでしょう。

ここで気になるのは、援交する側も抜け道を探し始めていることです。最近は、スマホの出会い系アプリでは隠語を使わずに「会う人いる?」「意味分かる人?」というストレートな書き込みをして、男性がアプローチしてくると援助交際を持ちかける女の子が増えているようです。

LINEのIDがきっかけで援交がバレることも

ある日突然、警察が逮捕状を持ってやってきたら。考えたくないことですが、援交をやる以上、相手を間違うとこういうリスクもあります。なぜ、バレるのか不思議に思う人もいるかもしれません。

たとえば、援交で18歳未満の女性と性的関係を持ってしまったとします。運悪く、その女性が別件の売春で補導された場合、警察は彼女のスマホを証拠品として押収して調べます。その彼女が常習的に援交を繰り返していた場合、LINEでのやり取りからIDが判明し個人が特定され、逮捕に至るケースが結構あります。

援交で警察に逮捕されたあとはどうなってしまうのか?

援助交際で逮捕された場合、どうなるのでしょうか。順を追って見ていきましょう。

援交で逮捕~勾留まで

警察は逮捕状を持って自宅に来ますが、その際、パソコンやスマホは証拠物件として押収されます。そのあと、連行され指紋・写真を取られ、取り調べを受けます。そして、逮捕から48時間以内に、地検に身柄を送検され、検察官により再度調書を取られます。

それを踏まえ、検察官が勾留請求(裁判所に対して勾留決定を出すよう求めること)するかどうかを判断します。そこで、勾留決定されるまでは、弁護士以外との面会はできません。

援交が発覚したことにより勾留決定

次に、護送車で裁判所に行き、判事から勾留質問をされます。それは、形式的なもので、ほぼ100%近い確率で勾留決定が下されます。さらに、勾留延長の場合は、10日間の拘留が決定されます。最大で20日間延長され、最長で23日間も拘束されることになります。

援交についての取り調べから起訴まで

勾留決定後、本格的な取り調べが始まります。そこで、再び事実関係を聞かれ、その回答から警察官が調書を作成します。その後、逮捕から23日以内に起訴され、公判(裁判)の日時が決定します。

援交事件の起訴から判決まで

公判は、逮捕から大体2?3ヶ月で行なわれますが、それまでの間は、逮捕された警察署の留置施設か拘置所で待つことになります。しかし、起訴後であれば、保釈金を預けて保釈申請することができます。この際の保釈金の相場は、150万円から300万円と言われています。

公判は地裁で行なわれ、起訴内容を認めているケースであれば、1回の公判で求刑まですすみ、2回目の公判で判決が下り、刑が決定します。被害者が単独で、かつ初犯で容疑を認めて反省している場合は、罰金刑(50万円程度)ですむこともありますが、もちろん前科になります。

みなさんいかがでしたか?18歳未満との援交により、全てを失い残りの人生にも暗い影を落とすことが分かったでしょう。しかし、ルールを守って相手さえ間違わなければ、処罰されることもなくいい思いができます。

関連記事