デート援交の実態調査画像「お金は欲しい、だけどセックスはしたくない」そのような女性が行うものが 「デート援交」 です。
通常の売春とくらべてハードルが低く、若い少女に人気。
しかし、それを逆手に取った悪意ある男性も少なくありません。

最近の援助交際のトレンドとして話題のデート援交とは?

デート援交は、その名前のとおりデートをするだけの援助交際です。
この中に性行為は含まれていないという点が、通常の援助交際ともっとも大きな違いになります。
行うことは、主に食事に行ったり、カラオケなどカジュアルな遊びに出掛けたりなどです。

通常の援助交際が1~2万円ほど掛かる一方、デート援交は数千円と、セックスしない分だけ報酬が安くなります。
ただし、それ以外の費用は基本的に男性負担です。

デート援交の流れ

出会うなら出会い系サイトが1番多いでしょう。
ただし、掲示板やメールなどに「援交」という言葉を使うとペナルティを受ける可能性がありますから、基本的に使われていません。

お茶やご飯に付き合うという意味の「茶飯」など、別のワードを使うことが多くなります。
もしくは世界中で使われているSNSでもあるツイッター。
たくさんの少女が「#デート援」「#デート円」などのツイッタータグを使って相手を探しています。
中高生などの18歳未満の青少年も多いようです。

エッチが無いと安心して簡単に会ってしまう少女たち

一般に、デート援交は女の子の危機意識が低いと言われています。
その理由は、通常の売春と違ってセックスをする必要がないから。
「気軽にお金が手に入る」と思ってアルバイト感覚で手を出す少女がたくさんいます。

確かにセックスをするよりはハードルが低いかもしれません。
しかし、知らない男性と出会う以上、リスクはけっして小さなものではありません。
中には「あわよくばホテルに連れ込もう」という方も少なくありません。
そこまで行かなくても、身体を触られるぐらいは日常茶飯事です。

実際にあった危険な事件

男性の心ない行動や女性の危機感ない考えによって、デート援交ではたびたび犯罪が起きています。
その最たる例が大阪府の教諭がわいせつな行為をして逮捕されたという出来事です。

事件の発端になったのは、高校1年の女子生徒がSNSに書き込んだ「5,000円でデート」という文章。
大阪府の教諭がこれを見て連絡し、カラオケ店に連れ込んでわいせつな行為をしたとのことです。

女子高生を買春疑い…20代の高校教諭を逮捕
奈良県警香芝署は27日、女子高校生(15)にわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、大阪府立箕面高の教諭山埜直紀容疑者(26)を逮捕した。
逮捕容疑は5月5日ごろ、大阪市内のカラオケ店で、18歳未満と知りながら奈良県内の高校1年の女子生徒に現金を渡す約束をし、わいせつな行為をした疑い。
出典:女子高生を買春疑い…20代の高校教諭を逮捕 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

場合によっては、そのままホテルに連れていかれてレイプされることもあったでしょう。
この事件はあくまでもほんの一例。
警察が動いた事例は他にもまだまだたくさんあります。
参考にこちらの小学生との援助交際で話題になったニュース

未成年との性行為が無いため警察が介入しづらい問題がある

現在、警察はデート援交の取り締まりに力を入れています。
たとえば福島県ではネット上の監視を強化しており、募集の書き込みをしたユーザーを取り締まるという取り組みをしています。
1ヶ月だけで24人もの少女を補導したというニュースもありました。

しかし、実際には警察が介入しづらい部分が多いようです。
その理由が、デート援交の特徴でもある「性行為をしない」ということから、買春にならないということです。
現在の法律では、多少のお小遣いを渡して未成年と一緒に出掛けるだけでは、逮捕される理由がないということです。

リスクの高いデート援交に手を出す女の子たちへ

依然として増え続けるデート援交。
若くて可愛い少女もたくさん行っていることから、「自分もやりたい」「あわよくばホテルに」と思っている方がいるかもしれません。

しかし、警察も注目しているこの手法では、手を出せば逮捕されるリスクがかなり高いと言えるでしょう。
相手だけでなく自分のためにも、くれぐれも女の子たちは手を出さないようにしましょう。
当サイトでは援助交際と出会い系サイト規制法についても書いています。まずお読みになることをお勧めします。

関連記事