援交アプリとして利用される出会い系アプリまとめ

援交アプリ

本当に出会えると評判の出会い系アプリが援交希望者に人気です。

援交専用アプリが人気なの?
いや、一般的な出会い専用アプリで援交できるようだ!しかも利用者の数が年々増えている!利用者の推移を見てくれ。
援交オヤジ

援交アプリの利用者の推移を紹介する画像

※援交以外も目的としたマッチングアプリも含む2021年7月時点のデータです。

そもそも出会いを探す人が増えているのね?
そのとおり。出会う目的や出会ったあとについては当事者たちだけが知っているのだ。
援交オヤジ
真剣な出会いか?

数字では79%の人が真面目な出会いにアプリを利用したのに対し、21%(約2割)の人はエッチ目的や援助交際など真面目な出会い以外の目的で利用しているのが分かります。

ここでは『援交アプリとして利用される出会い系アプリ』を特集します。

ここで分かることは

  • 援交に利用される人気のアプリ
  • アプリごとの詳細情報

こちらで紹介したアプリを援交に利用する危険性なども一緒に紹介しています。

まずは援交にも利用されることの多い出会い系アプリを比較してみました。

アプリ ワクワクメール公式バナー PCMAX公式バナー Jメール公式バナー
女性会員
の割合
半数以上評価-Good 半数程度評価-nice 半数程度評価-Good
業者やサクラ いない 援デリ報告あり 援デリ報告あり
援交の
成立度
99.9% 88% 83%
年齢層 18歳~25歳 18歳~30歳 18歳~26歳
ワクワクメール PCMAX Jメール

表を見ても分かるようにおすすめはワクワクメール(18禁)となっています。

ここからは援交アプリとして利用される出会い系アプリを使うメリットや、危険な使い方など調査したので紹介していきます。

援交において出会い系アプリを使うメリット

出会い系「サイト」ではなくて出会い系「アプリ」と利用するメリットは手軽さにあります。

技術的な面から見てみたらどちらも同じシステムになっています。

ですがスマホを持っている場合には入口がアイフォンやアンドロイドのアプリストアでダウンロードできるのです。

これだけで法律的には出会い系サイトとは全く扱いが異なります。

出会い系アプリを使う場合は年齢認証手続きがないアプリも多いのです。

そしてLINE・カカオトークのIDやFacebookに登録していればすぐにスタートできるのもアプリのメリットでありお薦めポイントです。

見知らぬ異性と出会える機能がある出会いアプリは大きく4つに区分されます。

それぞれの特徴をご紹介しておきましょう。

援交に利用されることが最も多いLINE・カカオトーク系アプリ

アプリの数や利用者数やダウンロード数が最も増加しているのがこのタイプです。

LINEやカカオトークそのものが無料のメッセージアプリで利用者数も規模も拡大していることがベースになっています。

LINEやカカオトークのIDを交換することで出会うシステムになっています。

分母となるLINEやカカオトークユーザーが増えれば増えるほどアプリ利用者も増えやすくなります。

【参考に:LINEを使った援助交際について

援交の相手を簡単に探すことができるGPS・ご近所系アプリ

スマートフォンのGPS機能と連動することに近所にいる人を検索できるようになります。

ご近所に住んでいる人達や近くにいる友達をマップ上から探せます。

即会いができる可能性があるのが最大のメリットです。

友達の繋がりが援交に繋がるFacebook系アプリ

ここ最近、急速に拡大しているアプリです。

お薦めポイントはアプリを使っている人達の身元が他のアプリと比べると信頼できることでしょう。

一般的にLINE・カカオ系・GPS・ご近所系は出会い系サイトと同じでどういった人物が利用しているのかわかりません。

ですがFacebook登録アカウントと連動したアプリの場合は実名制になっていることも多いです。

日常生活での友達や知り合いとのコミュニケーションを取っているので信頼性が高いと言えるでしょう。

利用者数が少ないのがデメリットです。

出会い系アプリでは援交を禁止しています

出会いアプリでの援交は禁止「援交するために出会い系サイトを使う」という方はたくさんいます。

しかし、実はほとんどのサービスでは利用規約に「援助交際を促すような書き込みをしてはならない」と明確に定められています。

元々売春防止法などの法律に違反する行為で、本人たちだけでなく運営側にも悪影響があることから当然の処置だと言えます。

もしかしたら、「禁止していないところを使えば良い」と思うかもしれません。

しかし、そのようなところは法律や自社を守ろうという意識が低く、サービスのクオリティーにも問題があります。

中には詐欺などを働く悪質なところも。

そのため、ユーザーは援交を禁止している優良アプリで、隠語などを使って上手にやり過ごすことが最善です。

出会い系アプリを使った援助交際が発覚した場合の処分

出会い系アプリの運営が援交を禁止している以上、見付かったら何かしらのペナルティーを受けます。

もっとも軽いものは書き込みの削除です。

この時、何も知らされず消されるのではなく、何らかの通知が届くことが多いようです。

次に多いものがアカウントの一時停止、もしくは抹消。

「何度も違反が見付かる」など、明らかに悪意を持って書いていると判断されると行われます。

時には1回でも処分されることがあるため、援交の募集などは言葉選びを慎重に行いたいところです。

そして、未成年を誘致するなど明らかに問題がある場合は警察に通報されます。

特に18歳未満の青少年に関わることはブラックゾーンとされることが多いようです。

これらのペナルティーは運営会社や時勢によってまちまちです。

法律の改正があったら、今まで当たり前のようにしていた行為でも処罰を受けるようになるかもしれません。

出会い系アプリの年齢認証機能と援交について

通常、アプリを使い始める時には年齢確認をするものです。

面倒な手続きだと感じられるかもしれませんが、これは出会い系サービス全般の運営者に義務付けられている大切な作業です。

18歳未満の青少年と性行為することは法律に違反して罰則の対象となるため、それを避けるためにもかならず年齢認証機能が付いたサービスを使いましょう。

反対に、ユーザーの年齢を確認していないところは中高生が使っている可能性がかなり高いと言えます。

それだけでなく、詐欺やサイバーテロなどの被害も考えられるため、あまり利用すべきではありません。

出会い系サービスの義務である年齢認証を行っていないということは、運営自体が日本の法律を順守していないことになるためです。

年齢認証があるアプリは援交で捕まることも少ない?

18歳未満のアプリ利用「年齢確認を行っているところなら、18歳未満に手を出すことは絶対にない」という認識は間違いです。

本来ならそれが理想ですが、身分証のコピーを提出するなどの認証法ではどうしても穴があるもの。

ごく稀に「親の免許証を使って入会した」という青少年が紛れ込んでいることがあります。

他にも、女子中高生を斡旋している援デリに遭遇する可能性も捨て切れません。

業者はあの手この手で手続きをすり抜けてきます。

万が一の時に罰則を受けて人生が台なしになってしまうのは自分です。

保身のためにも、異性とメッセージのやり取りをする時は常に「もしかしたら危険な相手かもしれない」という警戒心を持つようにしましょう。

援交アプリと呼ばれる出会い系アプリは存在するのか?

よく、インターネット上には「援交アプリ」というワードが出てきます。

しかし、実際にはそのような名目で運営しているものはありません。

そもそも、援助交際は法律的に問題があるものです。

Apple StoreやGooglePlayで公開しようとしても、審査に通らないことが普通です。

「援交アプリ」と呼ばれているからには、それだけ利用者が多いと考えられます。

しかし、そのような名前はユーザーが勝手に呼んでいるだけに過ぎません。

また、運営が推奨しているわけでもありません。

「アカウントを削除された」「通報された」という事態を避けるためにも、呼び方に騙されて度を過ぎた使い方をしないように気を付けましょう。

援交を思わせる書き込みへの対処法

出会い系アプリを使っていると、時々援助交際をしつこく誘ってくるメッセージが届きます。

しかし、その気がない男性にとっては迷惑なものです。

また、あまりに積極的過ぎる女性ユーザーは援デリ業者などの疑いもあります。

トラブルに遭わないよう、以下のような適切な対応を心掛けましょう。

  • まずは運営に通報
    援交の誘いなど利用規約に反している場合はすぐに運営に通報しましょう。

    管理体制がしっかりとしている優良なサービスならこれだけで全て解決します。

  • 関わらないことが鉄則
    基本的に、出会い系サービス全般において興味がない相手と関わって良いことはありません。

    むしろポイントの無駄になります。

    メッセージには一切反応せず、ユーザーのブロック機能があるならそれを使いましょう。

  • あまりにメッセージが多いようならサービスの変更も見当
    管理体制が整っていないところでは、援交の書き込みばかりで本物のユーザーと一向に会話できないことがあります。

    このような時は退会して他のサービスを使うことも検討してみましょう。

    特に下調べせずダウンロードしてしまうと陥りがちです。

    まずはおすすめされている優良アプリから使ってみると良いでしょう。

援交サイトとして利用される「優良」な出会い系アプリ

これは会員規模とサイトの安全性の両面で一定の「優良」な出会い系サイトと判断されたサイトのアプリ版です。

すでにスマートフォンで利用している人達にとっては新たにダウンロードするメリットは少ないです。

初めて利用するにはお勧めで、無難な選択になります。

援交アプリとして利用される出会い系アプリは以上のようなものです。

出会いアプリはゲームアプリ・友達検索アプリ・チャットアプリなどの体裁で配信されています。

出会い探しには使わないでくださいと案内はしています。(もちろん援交も同じで利用禁止です。)

ですがしっかりと出会える機能を搭載しているアプリも多いです。

援交デリバリー業者が利用しているアプリも多い

デリバリー業者の援交出会い系アプリで援助交際の相手を探す時、気を付けたい存在が援交デリバリー業者、通称援デリです。

援交を希望している男女の仲介をし、女性が得た金額の一部を受け取ることで稼ぎを得ています。

一般ユーザーを装って男性とコンタクトを取ってくるため、騙されないようしっかり見極めたいところです。

「仲介してくれるだけなら良いではないか」と思うかもしれませんが、実はそれ以上に危険な存在です。

第一に、売春を斡旋する行為は法律で固く禁じられています。

また、援デリは女子中高生を男性へ派遣することがあります。

相手が18歳未満だと気付かずに寝てしまうと重い処罰を受けることに。

一生取り返しが付かない事態になるかもしれません。

援デリ業者かどうか見分ける方法

重大なトラブルを避けるためにも、援デリ業者はかならず避けましょう。

幸いにも、出会い系アプリ中のやり取りで十分に見分けられる要素があります。

以下はその一例のため、「あれ?」と思ったら「惜しい」とは思わずすぐに関係を切ることを心掛けましょう。

また、実際に出会ってしまった後も、「見た目が若すぎる」「プロフィール写真と違う人が出てきた」など怪しい点があればすぐに断って帰るようにしましょう。

最後にはきっぱりと断る勇気がもっとも重要になります。

  • あからさまに性的な書き込みが多い
    男性の性欲を刺激して誘う手口です。

    一般的な女性はもっと控えめであることがほとんどです。

  • 集合時間や場所がかなりタイト
    援デリにいる女性は1日に何人も相手にすることが多いため、スケジュールがかなり厳密です。

    また、ホテル街など利便性の良いところを拠点にしており、他エリアへの移動を避けたがります。

  • 会話が噛み合わない
    女性ではなく援デリ業者自身がユーザーとやり取りしていると、プロフィールに書いた趣味を把握していなかったり、相手の書き込みをよく読んでいなかったりなどコミュニケーションに違和感があります。

お勧めの出逢えるアプリを紹介します

© 2021 援交サイトと呼ばれる掲示板やSNSで援助交際は本当にできるのか? Powered by AFFINGER5