鹿児島県の地図九州地方の最南部に位置する鹿児島県。
けっして人口が少ないほうではないのですが、女性の特徴として南国特有のエキゾチック感を漂わせる女性が多いのが特徴です。

ただ、援助交際に限らずカップル同士のエッチをする場であるラブホテルの立地に関して少し問題があります。
そのため、援交する時は事前によく移動手段としてクルマなどを準備する必要がありそうです。
それでは今回は鹿児島県における援交事情と援交スポットとなり得る、主な都市とその特徴などを紹介したいと思います。

援交を募集する拠点にしたい場所は鹿児島市

県庁所在地の鹿児島市には、多くの人が集まっています。
このようなところは援交希望者も多く集まっているため、相手を探すには絶好のスポットです。
出会い系サイトを使う時は、多少遠くに住んでいてもプロフィールの住所をここにしてしまって良いでしょう。

鹿児島市と鹿児島女子

歓楽街で有名な天文館にはラブホテルがないため注意

鹿児島市にあるスポットとして、南九州随一の歓楽街である天文館が有名です。
鹿児島駅から南に徒歩でで行ける距離にあり、ソープやセクキャバ、おっぱいパブなどが立ち並びます。
歩くと割と距離があるので、鹿児島駅前から路面電車に乗り換えて天文館通駅で降りたほうがいいでしょう。
運賃も160円ほどの距離になります。

鹿児島市天文館地域の画像

地理に疎いと「とりあえず天文館に行けば良さそうだ」と思いがちですが、実はラブホテルがほとんどないため注意しましょう。
援交する時はそこからさらに南、大門口通りを進んで国道225号線と甲突川が交差するところまで行く必要があります。
天文館はアーケードとなっているため、鹿児島市のお隣に浮かぶ桜島の噴煙がひどい時期などはおすすめのデートスポットエリアでもあります。

実は駅の北側にも少数ありますが、金曜日や土曜日など混み合う時期は満室である可能性が高くなります。
最初から天文館南の密集地まで移動することを想定しておいたほうが無難です。

移動にタクシーを使ってストレスフリーを心掛ける

鹿児島駅で待ち合わせして、ラブホテル密集地まで移動する場合、総距離はだいたい2.5kmぐらいあります。
自分一人が歩くならまだしも、女性を連れていくには少々遠過ぎる距離です。

相手が不機嫌になってしまえばその後のエッチも楽しくなくなってしまいます。
移動はぜひともタクシーを使って、スマートにエスコートしましょう。

鹿児島市の口コミ人気の高いラブホテル情報

車が必須となる鹿児島の援交スポット3箇所

鹿児島市以外は車移動鹿児島県で援交する時に厄介なことは、どこも駅を出てすぐのところにラブホテルがほとんどないということです。
そのため、基本的には車で移動することになります。

これには「車に乗ってくれるほど心を許してくれるだろうか」「道に迷わないだろうか」などさまざまな不安が付きまといます。
充実した性生活を送るためには、相手とコミュニケーションを取る、地図を見て場所を調べるなどの入念な準備が必要となります。

車での移動を前提として、援交に使えそうなエリアは以下の3つになります。

薩摩川内市

薩摩川内市にはそれなりのラブホテルがありますが、「ここに集まっている」という明確な傾向がありません。
市全体に散らばっているという表現が適切です。
利用する時はあらかじめインターネットで最寄りの施設を調べておくことが必須です。

薩摩川内市の口コミ人気の高いラブホテル情報

霧島市

隼人駅から北上し、国道504号線を進むと道沿いに何件もあります。
駅自体は肥薩線と日豊本線の2路線が通っているためアクセスは比較的良いと言って良いでしょう。

霧島市の口コミ人気の高いラブホテル情報

鹿屋市

鹿児島県の中でも南部は鉄道が通っておらず、アクセスがかなり不便です。
鹿屋市はそのような方々におすすめの援交エリアです。
大隅縦貫道の出口付近に多数のラブホテルが密集しています。

上記の3つ以外にも曽於市の都城駅から南、国道10号線を進むと多数あります。
徒歩では無理なものの、タクシーならそう料金が掛からず行ける距離です。
駅にもアクセスしやすいため、鹿児島駅周辺が使えない方にとって次の候補になりそうです。

鹿児島県内には援交希望者がたくさんいます。
しかし、ラブホテルが駅から離れたところに立地していることが多く、どうしても敷居が高くなってしまう点が問題です。
女性と会う時はかならず自家用車かタクシーの準備をしておきましょう。

関連記事