トップページ

出会える掲示板やSNSサイトを使った援助交際の実態

女子高生を中心とした援助交際皆さんは援助交際と聞くとどのようなイメージを膨らませますか?
交際とは言っても恋愛から結婚に至るまでの健全な交際とは違い、お付き合いに金銭的援助を求めることで成り立つ交際のカタチとなっているため売春(買春)との違いは無いと思われます。

一時、援助交際ブームがあり、その舞台になったのは出会い系サイトや掲示板サイトでした。
しかしながら、未成年者の女子高生を中心としての性的トラブルが相次いで殺人事件などが発生し大きな社会問題になったのです。

テレビや新聞の見出しで大きく取り上げられるにつれて、多くの人が知らぬ存ぜぬではいられない社会になってきました。
そこで政府は出会い系サイト規制法を強化することにしました。
年齢認証や本人確認を義務化したのです。

最初にも書いたように援交は売春(買春)とあまり違いがないと言われる理由に、援交で警察に捕まるようなケースは一般的に以下の法律によって罰せられます。

  • 出会い系サイト規制法(最終改正は平成26年6月25日-法律第79号)
    あまり知られていませんが出会い系サイト規制法の正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」となっており、インターネット異性紹介事業(出会い系サイトに該当します)を使って児童(18歳未満の少年や少女ですね)を誘引(誘い込むor出会い系サイトに誘う)行為を規制するといったもので、出会い系サイト事業者が健全な児童の育成のために出会い系サイトに18歳未満の男女を登録させてはいけないよ!といったもので、サイトの利用者よりも運営側が処罰されることが多い法律ですね。
  • 児童売春・児童ポルノ処罰法(最終改正は平成26年6月25日-法律第79号)
    正式名称は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」となっており、名前通りの法律で児童を買春すること、または児童ポルノに関するデータを持つことや見ることに関する規制となっています。
    出会い系サイト規制法と同じ日に最終改正はあったが最初に施行されたのは、こちらの法律のほうが早く施行されており出会い系サイトが普及する前から援交に関する犯罪に対して取り締まる法律で児童に金銭を支払ってカラダを買う行為はダメですよ!といった法律ということから援助交際を目当てに女性を探す男性側が多く処罰される法律でしょう。
  • 売春防止法(最終改正は平成26年6月13日-法律第70号)
    正式名称もそのまま「売春防止法」で昭和30年に初めて制定された法律で、女性または男性が金銭(見返り)目当てに不特定多数の異性とセックスすること、または公衆の目に入る場所で客待ちをする行為を禁止した法律です。
    類似する方法として出会い系などでの勧誘行為などもそれにあたります。
    この法律はカラダを提供する側が罰せられる法律ですが、基本的に出会い系サイト規制法や児童売春・児童ポルノ処罰法に比べると処罰される度合いは緩くなっているようです。
ラブサーチ
ラブサーチ
満足度
出会い率

公式サイトはコチラ

ハッピーメール
ハッピーメール
満足度
出会い率

公式サイトはコチラ

ワクワクメール
PCMAX
満足度
出会い率

公式サイトはコチラ

出会い系サイト規制法によって出会い系サイトを介した援助交際は下火に!

これによって、出会い系サイトを中心とした援助交際は下火になったと表向きには見えました。
ですが、こういったセックスにまつわる風潮は簡単にはなくなりません。
風俗業界がどんなに規制を強いられても、根強く残っている現状を見ても分かるようにあの手この手を使って生き残っていったのが現代の援助交際なのです。

古代からある売春女性に限った世界でいうと、女性の最初に従事した職業として言われているのが『売春』だとされています。(ちなみに男性は傭兵とされています)
援助交際はこの売春という行為をインターネットを使うことで、容易にコミュニケーションが取れるように発展していき現在まで脈々と流れが続いてきたのです。

それほど中年男性たちは若い女の子の肉体をもとめつつ、一方のティーンエイジャーは効率的に稼げるアルバイトとして援助交際は魅力的だったのです。人は覗いてはダメ!と言われると覗きたくなるもの、やってはダメ!と言われるとやりたくなるものですよね。

実際に現在ではJKとよばれる女子高生やJC(女子中学生)、さらにはJS(女子小学生)などが出会い系サイトや出会い掲示板で援交の相手を募集するようになっていたのです。

18歳以上が相手なら援助交際はOK?

18歳未満が相手の場合には摘発されたり違法とされます。
しかし18歳以上だった場合にはどうなるのでしょうか。

18歳を超えていれば罪には問われない
もちろんこれは相手が合意していることが前提ですが、18歳を超えている場合には罪には問われないことになっています。
お金を渡してこのような行為をすること、これは援助交際等よりも18歳以上の場合には、売春ということになります。
売春防止法という法律はありますが、こちらでは売春を禁止してはいるものの、処罰などは設けられていないのです。
売春防止法には処罰はない
売春防止法では売春を禁止しているとありますが、処罰そのものに規定はないので、特に売春をしたところで逮捕されたりすることはないのです。
18歳以上の人と援助交際をしたところでそれそのものは処罰の対象にならないのです。
女子高生とイチャイチャしたいときはどうする?
18禁援助交際は18歳未満の女子高生が相手ではダメということは書きましたが、女子高生が好きでどうしようもない!といった人はどうすればいいのでしょうか?
犯罪者になりたいですか?いやですよね。
それなら女子高生風の女の子と援交気分を楽しめるソープやデリヘルで我慢しましょう。
最近の女の人は20歳以上の年齢でも見た目がJKやJCくらいに見える女の子もたくさんいます。メイクの仕方などでかなり低年齢に感じてしまうものです。
そういったとこで遊べば女の子が○○高校の制服やブレザーなどに身を包んであなたの相手をしてくれます。
もちろんスクール水着や体操着などのフェチ寄りの楽しみ方もできるのです。

売春防止法で注意したい点

隠語を使って書き込む
売春防止法で注意したいところとしてしては、公衆の目に触れる方法で人を売春の相手となる勧誘をすることをしてはいけないという罰則があります。
これはインターネットの出会い系サイトや出会い系アプリの掲示板で募集をしても対象となります。
ですから多くの人は隠語を使用して、それが援助交際の募集であることをわからないようにして募集しているのです。
もしストレートに書込みをしたら、まず警察が気が付く前にサイト運営者がその書き込みを削除するでしょう。

売春防止法という法律では売春そのものに罰則はありませんが、公の場で募集をしたことに対して罰則がありますので、その点については注意して隠語等を使用するようにしましょう。

なぜ援助交際をする女性が増えているのか?

いま援助交際をする人が増えていますがその理由はなんなのでしょうか。
一般の女性が援助交際をする理由を見てみましょう。

お金に困っている
お金に困っているJKお金に困っている、これが一番多いです。
掲示板の書き込みを見ても気が付くのではないでしょうか。
出会い系サイト、アプリの掲示板を見ていると、 「今月ピンチなのでお願いします」 と書かれていることが多いです。
その内訳としては携帯電話料金が支払えない、家賃が支払えないというケースもあるようです。
一人暮らしをしている人は家賃を自分で払わなければいけないので、支払っていけないために援助交際をするケースもあります。
ブランド物が欲しい
女性の多くはブランド物が欲しい体という人もいます。
ブランド物を持つことは、時代がどれだけ流れても女性を魅了しています。
ブランド品を持っているだけで自分の中でステイタスが上がるような気持ちになるのでしょう。
ほかの人がブランド物を持っているのに、自分だけ持ってないというのはやるせないというケースもあるようです。
上記以外の理由はさまざま
簡単に大金を稼ぎたいと思っている人も援助交際をしています。
アルバイトやパートをするよりも断然稼ぎがいいですから、一度援助交際をしてしまうと、もう普通には働けないようです。

出会い系サイト・アプリを利用して掲示板で援助交際を求める人は、お金に困っている人が多いというのが現状です。
大半がやはりお金目当てに援助交際をしているケースが多いようです。

援交はしたくないがAV動画なら見たい人へ!

AVの中でも援交のジャンルは人気があり、男性心理の「(こういうことが)できたらいいな」という願望を疑似体験させる効果があります。
AVによっては無修正の動画や企画制作されたものもあり、好みが分かれるところです。

AVとしての援交動画について解説 AVとしての援交動画について解説
AVとしての援交動画は、AV制作会社が制作した動画を鑑賞することがほとんどなので、特に問題視するところはありません。
AVの援交動画は基本的に制作会社が企画した企画モノで、実際の女子高生が出演するようなことはありませんし、万一そのようなことがあれば、その制作会社は処罰されてしまいます。

よくAVには裏ビデオがあるなどといいますが、裏とはモザイク処理されてない無修正の違法な動画のことを言います。
日本では無修正の動画はAVでも素人撮影でも配布や販売をすれば違法になってしまいます。

日本で違法になる無修正動画とは?
第百七十五条 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。わいせつ物頒布等に関する法律

AVとして援交動画を見るときに、モザイク処理のある企画モノをレンタルして鑑賞する分にはなんら違法性はありません。
レンタルできるようなAVなら、事前に違法性がないことを証明されているので安心です。

素人撮影の援交動画のリスクとは?
援交動画の中には一般の素人が、実際の援助交際での性行為を撮影したものがあります。
ハメ撮りとも言う行為で、この場合の援交動画のほとんどは違法なものです。

素人撮影の援交動画で、女子高生と合意の上で性行為を撮影した場合でも、流出させた場合は民事的な責任が生じる可能性があります。
少し友達に見せたくらいでは流出とはいいませんが、ネットにアップして拡散させたとなるとそのリスクは一気に高まり、相手の女の子の人生をも狂わせてしまうほどの大きな問題に発展するかもしれません。
当サイトでもアイドル素人時代の援交動画に関する記事を書いてあるので、気になった方はチェックしてみてください。

素人撮影の援交動画はカップルの間で撮影して、2人の間だけで楽しむなら何の問題もないと言いますが、このケースもリスクがたくさんあります。
何らかの方法で他人に見られたり、カップルのどちらかに対する嫌がらせや腹いせのように扱われたり、ネット上で拡散するようなことがあれば立派な犯罪になります。

見るだけなら問題なし!リアル援交よりも援交動画の方が良いということです!
年齢的な問題でJKとの恋愛は無理だと感じるときは、援交動画の世界の中で援交を楽しむことが無難です。
AVジャンルの1つとして考えておく方が、安全にAVとして楽しめます。

援交サイトでは隠語を使って管理の目をごまかす人が多い

私も援交サイトと噂されていた掲示板を覗いてみたのですが、いろいろ隠語として援交相手を探す書き込みを見ることが出来ました。

慣れていない方はわかりにくいかもしれませんが、隠語を見てみるとナルホドなかなか面白い方法でメッセージを送り合っているんだなぁと感心させられました。
いくつか隠語を紹介したいと思います。

援助交際を意味する隠語
援交=援助交際の略語で「円交」や「円校」など当て字で「えんこう」と読めるものは基本的に援助交際を意味します。
他にも「サポ(お金のサポートしてほしい!漢字で佐保とかもある)」とか直接的に「援・円・¥」などの表現が用いられることもあります。
最近では「ウリ(瓜)」など買春を匂わせる隠語の使用も目立っています。
年齢に関する隠語
・JK=女子高生 ・JC=女子中学生 ・JS=女子小学生 ・リア厨=リアル中学生 ・リア消=リアル小学生 ・リア工=リアル高校生
ちなみにJK1のように数字が書かれていると女子の高校一年生となるようです。
あまり使われているのを見ませんが女子大生はもちろんJDと表現されるようです。
金額に関する隠語
・苺=15,000円 ・WU吉=ダブル諭吉で20,000円 ・TU吉=トリプル諭吉で30,000円(たまに「諭吉さん」と書かれていることも)
頻繁に利用される隠語
・「○○(これは当て字っぽいです)」←意味わかる人=この当て字で意味わかる人はメールちょうだい!的な感じで○○とは援交を意味しているようです
・SP話早い人でホ別苺@三也=まずSPとはサポートを意味しておりお金を援助してほしく、話早い人と続いたらすぐアポ取れる相手だけ(緊急でお金が必要となっている状況かもしれません)を希望する読み取れます。
次にホ別苺という隠語にはホテル代とは別に15,000円という意味になります。最後に@三也ですが、三也とは池と読み池袋を指し@は英語のatに置き換えるのです。atには日本語の意味で「にて」にあたるので、池袋にてホテル代とは別に15,000円で援助を希望します。レスの早い人だけでお願いします!となります。

援助交際で出会い系サイトの掲示板への書き込みについて

出会い系サイトを利用した場合は掲示板への書き込みが便利です。
援助交際をこれからするなら掲示板の活用は必須です。

出会い系サイトが援助交際のやりとりに
援助交際をしたいと思っている人が集まっているのが出会い系サイトです。
援助交際を求めている女性が掲示板を使って書き込みをして、そして男性がそれを見て返事をするというのが基本のスタイルです。
サイトを利用した場合もアプリを利用した場合もこのような流れでやりとりはスタートします。
援助交際専用の掲示板ではないかと思われる掲示板があります。
常時援助交際の書き込みがある
出会い系サイトの援助交際専用とも思える掲示板は常に援助交際の書き込みがしてあるといってもいいでしょう。
もちろん書き込みが一番増えるのは夕方から深夜の時間帯ではありますが、常に書き込みはある状態です。
書き込みの具体例
書き込みされている内容を見ていると、「○○駅、ホ別苺でポお願い」といったように書かれています。
これはホテル代別で1万5千円という意味になります。
○○駅はその周辺でということになります。
場合によってはプチ援交希望と書かれていることもあるのですが、これは本番なしでフェラ、手コキのみで行うケースをいいます。

出会い系サイト利用の注意点

出会い系サイトや援交にも利用される掲示板サイトで、援助交際の相手を探す場合の注意点について見てみましょう。
確実に出会うためにも、知っておくと良い情報もあります。

出会い系サイトで確実に会いたい場合は
出会い系サイトで確実に援助交際相手を募集して出会いたいと思っている人もいるでしょう。
出会い系サイトで確実に出会いたいと思っているのであれば、それなりに知っておくべきことがあります。
掲示板への書き込みは出会い系サイトやアプリの種類によっても違いがますが数分に1回は新しい書き込みがあるのでそれをチェックしましょう。
チェクした中でプロフィールを確認して、自分の好みの相手にメッセージを送ればいいだけですからとても簡単です。
最初のメールの文面は「興味があったので連絡をしました。詳しい条件を知らせてください」とでも書いておくといいでしょう。
条件さえあれば、これで援助交際相手が見つかりました。
風俗との違い
援助交際相手を出会い系サイトで探すのは大変です。
風俗でいいのではないかと思う人もいるかもしれませんが、風俗とはやはり違います。
風俗との大きな違いは、やはり素人で一般の人が相手であるという点です。
素人だからいいという人も多いでしょう。

※何度も書きますが出会い系サイトでも未成年が居る場合も!?
年齢をチェックしている出会い系サイトであっても未成年が居ることが多いですので、年齢は必ず確認しておきましょう。
年齢の確認をしておかないと後でトラブルになってしまいます。
出会い系サイトを利用するに当たって気をつける点を紹介しましたので、是非参考にしてみましょう。

出会い系に潜む援デリ業者とは?

出会い系サイトでは援助交際目的の利用者が多いことは書きましたが、出会い系には『援デリ』と呼ばれる業者も利用していることがあります。
ここからは援デリ業者の仕組みと特徴を解説していきたいと思います。

援デリという言葉はどんな意味なのかご存知でしょうか?
文字の印象から、援交やデリヘルを連想しますが、簡単に言えばデリヘルと援交の特徴をうまくミックスしたもので、完全に違法な売春の斡旋・周旋になります。

援デリというのは女の子が援交を希望しているように見せかけて男性を募集し、デリヘルのように女の子を派遣する違法な業者のことで、出会い系サイトをメインに活動していることが多いです。

その仕組みは打ち子と呼ばれるスタッフが、まずは出会い系サイトの中で援交相手になる男性を募集します。
援交する男性が見つかると、具体的な料金や、場所、時間を設定して待ち合わせの約束をします。

次に援デリで働く女性に対し、出会い系サイトで募集した援交男性のところに行くように指示します。
実際に女性が援交をしてくると、男性からもらった料金のうち何パーセントかを援デリ業者が搾取します。
この時点で売春を斡旋したことになり、これは立派な犯罪となります。

これってデリヘルと同じじゃないのか?と思った方もいるかもしれませんが、デリヘルとは全く違います。
デリヘルはれっきとした風俗で、無店舗型性風俗特殊営業届出書などの届け出を行っているため、違法にはなりません。
また本番行為はご法度の風俗のため、その点から言っても全く違うサービスです。

無店舗型性風俗特殊営業とは
■1号営業 派遣型ファッションヘルス等
■2号営業 アダルトビデオ等利用のアダルト画像送信営業
1号営業の定義には、「人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」とされています。
出典:風俗営業等業種一覧 警視庁

援デリ業者が多い出会い系サイトと特徴

援デリ業者が多い出会い系サイトには、ハッピーメールと、PCMAXが挙げられます。
どちらも老舗出会い系サイトで、健全な出会いを謳い、運営側も届け出関係はしっかり行っている優良な出会い系サイトですが、口コミや評判では援デリ業者が本当に多くて、援交の温床になっていると言われることが多いサイトです。

会員登録においてはどちらも男女ともに完全無料で利用でき、メッセージのやり取りの際には男性側に費用が発生すること、SNS機能が充実していて日記なども書けること、女性の写真はモデル級の美人やかなり露出の高いセクシー系が多いことが共通しています。
両者では援デリ業者の排除にも力を入れているものの、完全に排除することは難しい状況です。

援デリ女子はエロ全開が基本
援デリ業者で稼ぐ女の子たちは、プロフィールに特徴があります。
掲載している写真はかわいすぎるもの、きれいすぎるもの、好みは多少分かれるとしても芸能界で通用しそうなレベルがほとんどです。

またプロフィールの内容はエロ全開が基本で、とにかくエッチが大好き、気持ちいいことが大好きといった内容を中心に書いてあります。
誰もがそのプロフィールを読んで不自然さを感じるものの、本当にこんなにエッチな女の子がいるならお相手してほしいと思うことから、ついアプローチしてしまうこともあります。

また援デリ業者は特徴的なメールも送ってきます。
見ず知らずの男性陣に対して、長文でエロ全開、ひとめぼれしちゃいました!といったミラクルなメールを送ってきます。
別の名前の女性から何通も同じ内容の文面のメールが届くので、援デリ業者であることはわりと簡単に気づきます。

そういった女性たちと実際に会うと、ブスや極端なデブ・極端な痩せ、メンヘラの女性が来ることがほとんどで、出会い系サイトのプロフ写真の女性とは別人が登場するケースがお決まります。

また騙されたふりをしてホテルに入っても、30分程度で女性に援デリ業者から電話がかかってきて、帰ってしまうこともよくあります。
男性がシャワーを浴びている間に財布や現金を盗まれることもあり、やり取りにあったようなエロ全開を体験することはありません。

援助交際で守るべきポイントとは?

援助交際ではルールなどをしっかりと守って利用する必要があります。
援助交際では守らなければいけないポイントがあるので抑えておきましょう。

  • 約束は守りましょう
    例えば出会い系サイトの援助交際で出会って、行為をしたあとに、掲示板で最初にお願いしていた金額から値切ったり支払わないなどの違反はしないようにしましょう。
    トラブル報告を見ていると、財布を忘れたとか、お金を入れ忘れたので、ATMでお金を下ろしてくると言ってそのまま逃げるケースもあるようです。
    最悪のケースでは、行為をしたのにも関わらず、援助交際をしたことをばらされたくなければお金を払えと、逆に請求してきたケースもあるようです。
    援助交際を円滑にするためにも、必ず約束は守っておきましょう。
  • 相手には優しくする
    援助交際の相手は初対面の人です。
    初対面の人に優しくするのは当然のことです。
    また援助交際の相手は風俗で働いている女性ではないのです。
    素人の一般の人なのですから優しくすることは当たり前のことでしょう。
    相手に優しくできないならば援助交際をする資格はありません。
  • 18歳未満には手を出さない
    若い子と援助交際をしたいという気持ちはよくわかるのですが、18歳未満は何かとトラブルもあります。
    また法律に違反して逮捕されてしまいますので注意が必要です。

援助交際ではこのように守るべきポイントやルールがありますので、それを知った上で出会い系サイトや掲示板サイト、出会いアプリを上手に活用して援助交際をするようにしましょう。
援助交際での注意点も兼ねているので理解しておきましょう。

援助交際において出会い系サイトに変わるツールの必要性!

そんな中、出会い系サイトに変わる新しいツールが必要になりました。
一昔前だとテレクラを介してお互いにやり取りをし、合意すると援助交際の待ち合わせ場所に向かうといったことが一般的でしたが、テレクラが規制されると出会い系サイトへと援交希望者の多くが流入してくるようになりました。

テレクラから出会い系サイト

テレクラから出会い系サイトへといった流れの頃と同じように、現在でも出会い系サイトから別のツールへと変わっていく流れの中にある時代だと思うのです。
出会い系サイト規制法の強化とともに発展してきたのがスマートフォンでした。
今ではティーンエイジャーの中学生でも高校生でもスマートフォンを持っているのが普通になっています。
そうなると出会い系サイトを利用するのが容易になってしまうのですが、同様に出会い系アプリやSNSといったものが援交をする女の子や男性にとって便利なツールとして広まっていった経緯があります。

援交において出会いアプリが流行した理由

出会い系アプリの流行の理由
出会いアプリがこれほどまでに流行した理由はどこにあるのでしょうか。

出会い系サイト規制法の強化があり、援助交際において今までのように出会い系サイトや掲示板を利用した出会いの探し方は処罰される可能性が高まってきたことが理由で出会いアプリの利用が広がってきました。

また出会いアプリは援交相手が手軽に見つけられる点でもメリットが大きいです。

スマホさえあればアプリの利用は簡単!?

スマホアプリで援交出会い系サイトと違ってスマホさえあれば、あとはアプリをダウンロードするだけで誰でも手軽に利用できる点が流行のきっかけになったようです。
確かにこれだけで掲示板機能が利用できたり様々なことが利用できるのでメリットとしては大きいですね。
社会問題にまで発展したことがある出会い系サイトですが、そのダークな部分を取り除き、透明な運営を心がけているのが出会い系アプリです。

では出会い系アプリの特徴を簡単に説明します。
出会い系アプリの特徴は素人の女性が多く利用していることが一番の特徴だと言えます。
体裁的には出会い系サイトとは別とされているのですが、実際は出会い系サイトのような機能が豊富になっているのも特徴です。
サクラさえ見分けて素人の相手ときちんとやり取りをすることができれば、とてもスムーズに援助交際相手を見つけることができるのがアプリに魅力だと言えるでしょう。

アプリダウンロードランキングではいつも上位

アプリダウンロードランキングをチェックしてみると意外と出会い系アプリやデートできるアプリ等が上位にランクインしていることがわかります。
ランキング上位に入るほど多くの人がダウンロードしていて援助交際やパパ活に利用しているのでしょう。

これからアプリをダウンロードしようと思っている人は是非すぐにでもダウンロードするといいですね。
すぐにダウンロードして使えばスムーズな出会いがそこには待っているのでしょう。
アプリのランキング画像

日本全国の援助交際事情

日本で生活している人口は政府の発表によると約1億2,680万人で、そのうち日本人の数は約1億2,500万人となっています。2017年1月時点の政府発表による情報を参考
女性の数はどのようになっているのでしょうか?
全人口に対して女性の数は6,500万人となっており、男性よりも350万人も多い結果が出ています。日本人だけに限ると男性よりも女性の数は400万人も多いのです。

平成29年2月1日時点での日本の人口
日本の人口画像

上記のことからも分かるように日本においては女性の数が多いため、援助交際する人の割合も女性が多いというような印象が持たれることもあります。
実際に国連報告者が日本の女子学生の13%が援助交際を経験といった内容の発言があったり、海外からのイメージとしても女性が援交している国として認知されてしまいました。

管理人の意見からすると、援交経験のある女性はほんの一握りだと思います。
しかし、お金に困ってしまい風俗店などで働くことはあるかもしれませんが、風俗と援助交際には明確な違いがあり国に認可されて営業をしているか?そうでないかの違いがあります。
風俗店に関しては援助交際と同じような性行為がある場合もありますが、すべての風俗店が性行為があるわけではないのでかなりの違いがあるとも思います。

では全都道府県に必ずと言っていいほど存在している風俗店ですが、援助交際は日本全国で行われているのでしょうか?
この答えは『イエス』と言わざるを得ません。
各都道府県にある地域型の掲示板サイトには、援助交際についての情報が山のように出てくることから実際に行われていると思われ、それらの掲示板サイトで直接書き込むことで援交の相手を募集している男女がいるほどです。

それでは日本の各都道府県での援助交際の実態を調査した情報を紹介したいと思います。

北海道・東北地方の援交情報関東地方の援交情報中部地方の援交情報近畿地方の援交情報中国・四国地方の援交情報九州・沖縄地方の援交情報

最近話題のパパ活とは援交と同じなのか?

一緒に食事やデートをするだけで、金銭的な援助をしてくれる男性を探すことをパパ活といいます。
ドラマで取り上げられたことにより、パパ活への注目度がアップしています。

ドラマで話題のパパ活デートの実態 ドラマで話題のパパ活デートの実態
パパ活で知り合った男性とは、一緒にいる時間はデートすることが一般的です。
相手の男性がパパだからといっていちゃいちゃする必要はなく、パパの希望するデートをすることがパパ活の基本になります。
初めてのパパ活デートのときは、少し緊張してしまうこともありますが、いくつか注意したいことがあります。

初めてのデートは食事をしながら、お互いのフィーリングを確かめる要素が強いです。
あれこれ質問攻めにしないことが大切で、パパがどんな人で信用していい人なのか様子を見ることが大切です。

パパとなる男性の方も女性に対していろいろなところをチェックしているはずで、男性を立てることができる女性なのか、男性を尊重できる女性なのか、細やかな女性ならではの配慮ができるかどうか、など見ているかもしれません。
女性側もすぐに連絡先交換をしないで、パパにとってかわいい女性だと認識してもらうことが重要です。

実際のドラマでも『パパ活とは、体の関係なし。デートをするだけで金銭的支援をしてくれる男性との交際。』として紹介されています。
気になる方はフジテレビオンデマンドで配信されているので確認してみるといいでしょう。
パパ活のやり方次第で変わる援助額の相場

パパ活において明確な相場はほとんどありません。
エッチの有無などの条件が加わる場合は別として、特別に条件がなければあとはパパの気持ち次第で金額が決まります。

パパが希望するのは甘え上手な女性なのか、笑顔の絶えない楽しく過ごせる女性なのかといったパパの条件に合致しているかどうかが金額を大きく左右させることになります。

また、パパから援助してもらう内容が金銭なのか、飲食なのかによって相場は大きく異なります。
例えばお金を貯めるためにパパ活した場合は、目標額に達するまでの金銭的な援助が理想的で金額もそれなりな額になります。

自分をプリンセスのように扱ってほしいとか、美味しいものを食べさせてもらうことに重点を置いている女性、いわゆるデートパパを作った人は、現金の援助が少額になる傾向があります。
最近のインスタグラムなどのSNSで「いいね!」を気にする女性に多いケースですね。
現金で援助される金額をベースに考えると目的別、やり方次第で相場が変わることがわかります。

ツイッターの方が自分に合うパパ活ができる

パパ活の基本はパパとデートをして、金銭的な援助をもらうことです。
ツイッターを介したパパ活だと、エッチなしが基本としたパパ活を望んでいると判断されることが一般的でしょう。
この場合、性行為を伴ういわゆる『援交を希望する女性』とは区別されます。
エッチ付きのパパ活の場合、援助交際や愛人などの交際を希望する内容に近い書き込みがされるので区別がつきやすいです。
ハッシュタグやツイートの内容からも、目に見える形で判断できるのでわかりやすいです。

対して、出会い系サイトでパパ活をするとエッチ付きの援交という見方をされることがほとんどで、エッチなしのパパ活をしたい人には不向きです。
出会い系サイトの性質上、体の関係ありきの出会いを求める傾向にあることと、批判や冷やかしなども多いため、エッチなしの理想的なパパ活には至りません。

ツイッターでパパ活をしている人の中には、長くパパとデートしているうちにエッチもするようになったケースもあります。
この場合はしっかりとお互いに交渉しあって契約に至っているので、初めから援交していたという判断にはなりません。
ですが、ツイッターでパパ活していた方がエッチの有無も交渉しやすいということを証明しています。

ツイッターなら匿名性も高いですし、パパ活に関する情報も多くあります。
実際にツイッターでパパ活をしている人も多いので、そのツイートを参考にしたり、直接DMして意見を聞いたり相談することもできます。
総合的に考えて、ツイッターは自分に合うパパ活ができるツールだといえます。

もう少し詳しくパパ活について知りたい方はこちらパパ募集とパパ活に関する情報をお読みください。

援交に発展しかねない女子高生によるJKビジネスの実態

援交とJKビジネスの関係
援交が出会い系アプリを通して行われる実態を紹介しましたが、ここからはテレビなどで話題になり問題視されている女子高生によるビジネス、いわゆる『JKビジネス』について紹介したいと思います。

稼げるJKビジネスの実態とメニューを調査

JKビジネスとは?JKビジネスは男性が女子高生(JK)に対して、料金と引き換えにサービスを受けられるもので、お店はリフレやリフレクソロジーなどの名称で営業していることが多いです。
提供しているサービスは肩もみなどの簡単なマッサージがメインになり、表向きは性的サービスが一切ないことになっています。

JKビジネスは風俗とは違いセックスはありません。
しかしセックスなしでも親密なサービスを提供しており、女子高生に添い寝してもらう、膝枕をしてもらう、数秒間ハグするなどのメニューが豊富にあります。

JKビジネスで注目すべきは表向きのサービスよりも、裏オプと呼ばれる裏のオプションメニューです。
この裏オプは豊富な性的メニューが特徴的で、援交の温床になっていることが指摘されています。
しかし多くの女子高生は、裏オプの実態を理解した上でお金のために対応しており、お店側の方も許容しているか、お客さんと女子高生が勝手にやり始めたことなどのように、責任逃れをしていることも増えてきています。

裏オプはJKの年齢によっては児童買春、児童ポルノ法に違反する行為です。
裏オプは援助交際と同じく18歳未満を相手にした場合、厳しい罰則も定められています。

お金を出せばデートできるJKお散歩

JKお散歩JKビジネスで人気のメニューには、JKお散歩があります。
JKお散歩が多い東京では、代表的なエリアとして秋葉原などをデートできるプランがあります。
時間と料金は90分12,000円ほどが相場になっており、エリアによってはコースやプランが豊富なお店もあります。

お散歩の内容と時間によっては、映画、カラオケ、漫画喫茶、遊園地などのデートメニューも可能で、遊園地の場合なら6時間で50,000万円くらいから利用できます。

JKビジネス定番のJKリフレ

リフレクソロジーと言う場合もあるJKリフレは、肩もみや足つぼ押しがメインのサービスで、表向きはもちろんエロさや性的サービスは一切なしです。
JKリフレの画像
平均的な利用時間は30分で、料金には4,000円~8,000円くらいの幅があります。
延長することもでき、その場合は追加料金が発生します。

JKリフレの求人画像店舗型と派遣型のお店があり、裏オプは派遣型に多いと言われています。
裏オプの内容はお店によって違いがあるものの、お客さんとJKの間で交渉することがほとんどです。
全体的に裏オプでもキスを嫌がる女の子が多い傾向で、性サービスといってもいわゆるヌキという感じが多いです。
JKリフレで稼げるバイト代は、秋葉原全体を参考にすると1日20,000円~30,000円、Max50,000円越えのJKもいます。

新感覚で楽しめるJK見学

JK見学JK見学はマジックミラー越しに女の子を見学するサービスです。
女の子たちはマジックミラー越しに男性客がいることを知っているので、タイミングを合わせるようにパンチラをしたり、足を開いてしゃがんでパンツを見せたりします。

リフレのコースが併設されていることもあり、裏ではなく表のオプションが利用できるお店もあります。
この場合のオプションの例を挙げると、耳かき、添い寝、ハグ、といったソフトなものから、ラップ越しのチューなどまであります。

裏オプではないので堂々とオプションとして利用できることが最大の特徴です。
一部では生チュー交渉ができる女の子もいると言われており、そんなお店を探すことも楽しめるサービスです。
JK見学店の店内風景画像

JKコミュは女子高生もお客さんというのが基本システム

JKコミュはJKビジネスの中でも特に進化したもので、お店に来る男性はお客さん、JKもお客さんという位置づけになっていることが大きな特徴です。
お店は、男女の出会いの場を提供しているだけ、お話する場を提供しているだけ、といった立場を貫いているので、万一トラブルなどが生じた場合でも責任を取りません。

JKコミュ画像JKコミュでは女の子たちが裏オプ(援交)を目当てに集まり、男性客と自分で交渉しながら性サービスを行います。
性サービスの内容や金額はさまざまで、まさに女の子の交渉術次第です。
お店の中はカーテン1枚で席が仕切られていることも多く、隣の席のお客さん同士が何をしているかも丸見え、丸聞こえの状態になることもあります。

ツイッターで話題のタグ『#jk売り子』が援交の入り口!?

JKビジネスの実態や特徴について書いてきましたが、日本人の4人に一人の割合で利用者がいるSNSコミュニケーションアプリのツイッターですが、ツイッターでも女子高生が独自のビジネスとして『JK売り子』をしているようです。
そのJK売り子が援交への入り口になっていると警鐘を鳴らす人もいます。
ここからはJK売り子について紹介したいと思います。

シミ付きパンツ売ります!JK売り子は中古服売買の進化版

近年ではJK売り子が話題になっていて、使用済みの下着を売って小遣い稼ぎをする女子高生が増えています。
JK、jkなどと称される女子高生が、使用済みのパンツやブラ、靴下などをパンツ1枚あたり3,000円くらいからTwitterを使って販売するJKビジネスの一種で、中古服売買の進化版のような存在とも言われています。

一見するとなんの違法性も感じないお小遣い稼ぎの方法ですが、この行為は各都道府県の青少年保護育成条例に対する違反行為になります。

青少年保護条例とは?
何人も、青少年から着用済み下着等(青少年が一度着用した下着又は青少年のだ液若しくはふん尿をいい、青少年がこれらに該当すると称した下着、だ液又はふん尿を含む。以下この条において同じ。)を買い受け、売却の委託を受け、又は着用済み下着等の売却の相手方を青少年に紹介してはならない。
出典:神奈川県青少年保護育成条例 – 神奈川県ホームページ

JK売り子の相場はパンツ1枚3000円から

お金や下着のやり取りは手渡しが基本で、相場は内容により異なります。
具体的な相場の平均は以下のようになります。

  • パンツ1枚:3,000円
  • 下着上下:5,000円
    ※基本は手渡しです。
  • 手渡し + フェラ(オプション):10,000円~15,000円
  • 容器へのおしっこ入れ:1,000円
  • 容器への生唾垂らし:1,000円
  • 脱ぎ:下着料金 + 3,000円
  • シミ付き:下着料金 + 2,000円

下着が女性本人の物であることを証明するために、生脱ぎを行うことが多く、その際にはカラオケや相手の車の中に移動して目の前で下着を脱ぎます。
JKにとっては襲われる可能性という高いリスクを伴う行為です。

JK売り子のオプションに注意!プチ援は罪になる

JK売り子のメニューには手コキやフェラなどのオプションがあります。
下着を手渡しする際に相手に尽くすと、プラス5,000円から10,000円ほど稼げるため、短時間で効率的に稼げるプチ援のバイトとして行うJKも多くいます。
しかしこの行為は先にも触れたように男性側が罪になります。

またJKも本番がないので安心して稼げると思っていると、徐々に男性の陰部に触れることに慣れてしまい、JK売り子よりももっと稼げる援交へと移行することが予測できます。
援交の方が相手男性も見つけやすいため、一歩踏み出してしまう女子高生が増加するのも時間の問題かもしれません。

裏オプまん延のJKビジネスが援交の敷居を低くする

JKビジネスのほとんどは、表向きは健全なリラックスやリフレッシュを求めた内容でも、裏オプや裏メニューなどが存在し、交渉が可能な状態になっています。
JKビジネスでお小遣い稼ぎをする女の子たちは、手コキのようなものでも性サービスに触れていき、性サービスを提供することに抵抗を感じないほど慣れていきます。

これまでのJKビジネスは、ちょっとしたプチ援だと思っていた女の子たちも、いざ本番ありの援交の交渉をされたとき、何の抵抗や違和感なくすんなり進んでしまう可能性も高くなります。
裏オプがまん延しているJKビジネスの本当の恐ろしさは、援交への切り替えに抵抗がなくなることではないでしょうか。

年齢制限がない掲示板やSNSサイトが援交目的の利用者に注目される!

そして、年齢制限がないコンテンツとしてSNSサイトや掲示板に注目があたりました。
近頃では援助交際の相手を探せるサイトやツールとしてSNSサイトや掲示板が主流になり人気がでているのです。
男性がわりきりの女性を探す場合に必須なツールになっています。

【出会える掲示板やSNSサイトを使った援助交際の実態】について迫ってみましょう。
どのようなSNSサイトや掲示板が利用されているのでしょうか?
主なものであればLINE・Twitter・カカオトークなどのSNSサイト・家出サイト(神待ちサイト)などの掲示板やアプリです。

いずれのインターネットコンテンツも年齢制限がなく気軽に無料で利用できることが特徴です。 いずれのインターネットコンテンツも年齢制限がなく気軽に無料で利用できることが特徴です。
未成年の援助交際そして出会い系サイト規制法の適用外になっています。
SNSサイトも基本的には出会いを目的に利用しないことになっています。
インターネットでの交流を一番の目的にしているわけです。
表向きには、そうなっていますが実態は援助交際をする温床になっていることは否定できません。

出会える掲示板やSNSサイトを使った援助交際の実態をご紹介しました。
出会い系サイト規制法の適用外のインターネットコンテンツが従来の出会い系サイトに変わって援助交際の舞台になっているのです。

表面上はインターネットでの交流が目的としていますから18歳未満の未成年者も自由に使えます。
まだまだちゃんとした判断ができない児童が大金をちらつかされたら靡いてしまうのが実態でしょう。

Twitterを使った援交の実態を調査

スマートフォンの利用が一般的な時代に入り、もはやアプリの利用も普通の事となってきましたが、SNSのなかでも利用者数がとても多く知名度もありコミュニケーションアプリとしてTwitterは誰もが知っていることでしょう。

個人だけでなくお店や企業などの情報を発信する場としても活用されているこのTwitterが援交の相手を探すツールとして利用されている現状があるようです。
ここからはTwitterと援交の関係性と使われ方といった実態について紹介していこうと思います。

どうしてTwitterが援交に利用されるようになったのか? どうしてTwitterが援交に利用されるようになったのか?
ツイッターがどのようにして援交に利用されるようになったのかを調べてみました。
まず今までは、出会い系サイトや出会い掲示板などを利用して相手を探す人が普通でしたが、それにはメールでのやり取りが必要不可欠でした。
しかし、ツイッターではメアド交換などの必要がなく、ツイッター内で相手を検索しDM(ダイレクトメッセージ)を送ることができるため、メールアドレスの交換よりも容易なのが理由でしょう。

LINEでの援交も騒がれていますが、LINEはIDの交換というものが必要になります。
やはり何かしらの交換をするという手間はどうしてもかかってしまいますが、その点ツイッターならアプリ内でフォローするだけ(またはフォローされるだけ)という簡単に援交目当ての相手と接点を作ることができるのです。
LINE援交についてはこちらをお読みください。

それでは援交で出会うためのツールにおける違いをみてみましょう。

  1. テレクラを使った援交
    援助交際という言葉が世に出てきた背景にはテレクラ(テレフォンクラブ)が関係していることは言うまでもありません。男性は女性からの電話を待ち、女性が電話を掛けて実際に会話をして会うという流れがありました。
    この電話での会話の中で援交が目的であるということと、その際の援助額の交渉等も執り行われてきました。
    最近ではほとんど見かけなくなってきたのは時代の流れと取り締まり強化の影響でしょう。
  2. 出会い掲示板を使った援交
    多くの人が書き込んだり読んだりできる掲示板サイトを使って援交の相手を探すという方法です。誰もが書き込めるため利用者の低年齢化が進み高校生や中学生の援交が問題視されました。
    中には小学生の書き込みもあり、掲示板の運営者への罰則強化により掲示板を使った援交も少なくなってきました。
  3. 出会い系サイト(アプリ)を使った援交
    出会い系サイトを使った援交は今でもありますが、出会い系サイトに登録するには年齢確認が必要なため、18歳未満の利用はほとんどありません。
    そのため大人同士の援交という関係を築くことができることで、犯罪へ巻き込まれたりする心配が今までより減りました。
    なかには年齢を誤魔化して登録する人もいますが、多くの場合、身分証明が必要なため難しいでしょう。
  4. 足を使った援交
    これはおまけですが、足を使うというのは街中で地道に女性に声を掛けて援助交際に持ち込むという手法です。
    意外かもしれませんが、街中で援交目的の女の子が集まる場所というのがあり、お互いに相手を見て交渉をするため話が早いのもこの方法です。
    ある一定の場所に数時間も居る女の子はナンパ待ちの可能性もありますが、人づてに噂が広まり援交目的の女子高生や大学生が集まってくるので逆に待ち合わせとして利用する人が少なくなっていきます。

上記のどれにも当てはまらないケースもありますが、ほとんどがいづれかの方法で援交をしていることでしょう。
Twitterでは出会い系サイトのような使用者の年齢確認が無いため、援交に利用されることが増えている現状ですが、出会い掲示板などのように規制の対象になるのは時間の問題かもしれません。

Twitterで援交希望者を探す方法は? Twitterで援交希望者を探す方法は?
ツイッターでは検索機能があり、Twitterを利用している人を検索することができます。
そこで「援交」と検索してみましょう。
援交に関連するツイートが次から次へと表示されるはずです。
ハッシュタグの機能も活用するとさらに多くの書き込みやユーザーを探すことができます。
援交に関連するハッシュタグにはこれらのものがあります。
#円 #円募 #援募集 #円募集 #円光 #援垢
それぞれ援交に関連付けされたタグとなっています。
他にも#東京 #都内 #新宿というような援交を行いたい場所などをタグ付けしている書き込みもあります。
#一日限り #秘密厳守といった書き込みも援交を匂わせるものだと思います。

それらの書き込みをしたユーザーに対してDMを送り援助交際の交渉をしていく流れになります。

ツイッターで援交する女子は裏垢が基本

twitterのロゴ友達と簡単に繋がっていられるコミュニケーションアプリとして、ツイッターは一般的なものとしての地位を築いています。
ツイッターは本アカウントとは違い、別のアカウントを取得し利用することが可能なものとなっています。その手法を上手に活用した援交が多くなり、問題視され始めています。

ちなみに別アカウントのことを一般的に『別垢』と呼ばれたりしますが、援交においては『裏垢』『エロ垢』と呼ばれることもあります。

ツイッターの画面ここからは裏垢(別名エロ垢)の基本の意味と使い方を解説していきたいと思います
ツイッターを利用するにはアカウントを作る必要があり、一般的には本垢をメインにしてツイートします。
本垢とは、一般的なツイートをするアカウントのことを言います。

それに対して裏垢は、本当の自分を出せるアカウントのことで、知り合いには秘密にしていることが多いです。
使い方として趣味全開・アダルト全開などのツイートに使用します。

裏垢のことは別名、エロ垢と言う人もいます。
具体的にツイッターのアカウントは自由度が高く複数持てることから、女子高生の間では援交相手の募集に良く使われています。

スマホで簡単に作れるツイッターの裏垢の作り方!

スマホでツイッターの裏垢を作るときには、本垢のログアウトから始める一般的な方法があります。

  1. 本垢からログアウトします。(プロフィールの設定からログアウトをタップする)
  2. ツイッターの新規登録画面を表示して、裏垢で使う名前を入力します。
    ツイッターのアカウント作成画像
  3. 電話番号の認証を行い、送られてきたSMSに書いてある認証コードを登録画面に入力します。
  4. パスワードを設定します。
  5. 未使用のフリーアドレスを取得しておき、本垢とは違うアドレスを入力します。
  6. 画面が切り替わって裏垢の名前が表示されていれば完了です。
電話番号入力ができないときは?
もしも電話番号の入力画面で、すでに使用している番号だとはじかれてしまうときは、本垢にログインして登録している電話番号を削除します。
再度、本垢からログアウトして手順通りに裏垢を作り、電話番号が認証されれば問題ありません。
登録完了後のアカウントから電話番号を削除して新しいアカウントに登録することを繰り返すと、裏垢を複数作れるようになります。
複数のアカウント作成での注意点は?
複数の裏垢を作りたいときは、IPアドレスに注意が必要です。
同じIPアドレスから複数のアカウントを作ってしまうと、アカウントが停止されるので別のIPアドレスになるように工夫が必要です。
また、裏垢と本アカを間違って使ってしまうと大変なことになるので注意が必要です。
エロ垢でamazonギフト券?進化した援交と詐欺について エロ垢でamazonギフト券?進化した援交と詐欺について
本来の援交は出会い系サイトで相手を募集して、セックス1回あたり現金20,000円、ホテル代別というのが相場です。
ツイッターを介したエロ垢援交は通常の援交とは少し違うスタイルです。

Amazonギフト券の画像エロ垢援交はエロ垢そのものに条件を記載しておきます。
地域、ゴムの有無、金額、簡単な体形が分かる内容のプロフィールを記載することが多く、そのエロ垢をフォローしておけば、募集がかかったときにタイムラインからすぐに応募でき、ツイッターの特性を最大限に生かした方法です。

通常の援交と違うのは募集方法だけではなく、現金のやり取りも違います。
通常なら各自のタイミングで現金の受け渡しがありますが、ツイッターの場合は前金制度がありAmazonギフト券を使用します。
Amazonギフト券の画像
Amazonギフト券はEメールや電子ギフト券タイプがあり、カードなどを手渡ししなくてもコードの送付でやり取りが完了します。
そのため前金という名目で、Amazonギフト券5,000円分、会ってから残りの金額を現金でもらうやり取りがあります。

ここで登場したのがアマギフ援交詐欺で、援交の前金としてコードを受け取り、そのまま逃げる手口です。
自分のAmazonのアカウントにギフト券分のポイントが反映されたら、あとはツイッター上で相手をブロックすれば完了します。

被害にあった男性はそもそも援交しようとしていたので、誰にも相談できないことや、金額も少額なこと、Amazonギフト券が古物としての定義があいまいなことから、取り締まれないまま泣き寝入りするケースがほとんどです。
古物の定義には金券が含まれていますが、Eメールに記載されたコードまで金券になるかどうかははっきりしていません。