今や18歳未満の小学生・中学生・高校生も電車や街中でスマートフォンを軽快に操作している姿を見かけます。
小学生でも学習塾に遅い時間まで通っているのでご両親が連絡ツールとして持たせているのです。
料金もリーズナブルになったことも言えます。

公衆電話が街中から消えましたし、ご家族としては緊急連絡をするときにもスマートフォンは必須なのです。
ですが秘肉なことにそのスマートフォンが援助交際のツールになってしまう危険性も秘めています。

援交の出会いのツールとして利用されるLINEアプリ

lineのアイコンそのスマートフォンで人気があって年齢性別に関係に関係なく老若男女が利用しているのがLINEです。
スマートフォンや携帯電話は今や誰もが持っていても不思議ではない時代になっています。
そして援助交際に利用されているのです。
無料ツールであるLINEは通話も「無料」ですし、簡単にメールの遣り取りもできてスタンプが添付できるので若者には受けているのです。
もちろん若者だけでなく老若男女問わずさまざまな人たちに受けているアプリケーションとなっています。

LINE(ライン)とは?
LINE(ライン)は、24時間、いつでも、どこでも、無料で好きなだけ通話やメールが楽しめる新しいコミュニケーションアプリです。
参照:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)公式サイト
http://line.me/ja/

10代の援助交際に利用されるLINEのID交換専用の掲示板

援助交際と言えば女性のメインはティーンエイジャーになります。
LINEのID交換ができる掲示板も増えています。
こういった掲示板を使って援助交際の相手を探すのが簡単になっていることも10代の間に援助交際が広がっている理由の一つでしょう。

それと年齢制限もあります。
出会い系サイトが援助交際の舞台であった時代もありました。
しかしながら、出会い系サイト規制法が強化されたこともあり、本人確認や年齢認証が厳しくなりました。
10代の女の子が簡単に援助交際の相手を見つけるのが難しくなったのです。
その受け皿になっているのがLINE掲示板であるのでしょう。

ラインスタンプが文字の代わりに援交の隠語として利用される

ラインにはスタンプ機能として可愛いスタンプをチャットの中で使用することができ、そのスタンプの図柄から相手の感情を読み取ったり逆に自分の感情を相手に伝えることができます。

ラインスタンプが隠語に

そんなラインのスタンプには様々な図柄や文字を絵にしたタイプのものがあり、それらが今まで出会い系サイトや援交サイトなどで利用されていた隠語の代わりを果たすようになってきているのです。

実際にスタンプだけで援助交際の交渉が行われていたケースがいくつかありました。たとえば援交の待ち合わせ場所として「駅前のスタンプ」と「ファミレス」のスタンプを送り、援助相手と待ち合わせる時間指定に「時計のスタンプ」で伝え、援交の値段として「指のスタンプ」または直接的に「お金のスタンプ」を送るというものです。

このようにラインは使い方次第で援助交際の交渉の道具として容易に応用できるのです。その影響でLINEを使った援助交際が流行っているのではないでしょうか?

出会い系サイト規制法に適用されないLINEが援交のメインツールに!

LINE掲示板は特に年齢制限もありませんし、出会い系サイト規制法の適用外であることもあります。
今や学生の間でLINEはメインの情報交換ツールになっています。
これを制限するのは現実的にできなくなっているのです。

10代の間でLINE掲示板が援交に利用されている理由は、スマートフォンが広がったことと「無料」通話アプリLINEが爆発的に人気になり必須のアプリになっていることでしょう。
簡単にID交換ができる掲示板も増えて気軽に援助交際の相手が見つかるようになっているのです。

LINEと援助交際に関連する記事を読む

カカオトーク掲示板もJKの援交に利用されています