従来の援助交際のメインツールであった出会い系サイトは出会い系サイト規制法が厳格化されて18歳未満の利用が厳しくなりました。
年齢制限や本人確認書類が厳格化されましたし、18歳以上でも高校生は利用対象外になっているからです。

援助交際の舞台は出会い系サイトからLINEへ!

ラインと女子高生の関係こういった規制の厳しい出会い系サイトに変わって、最近ではLINEを使った援助交際の相手探しが女子高生を中心に盛んになってきてきます。
従来は男性が女性を探すことが一般的でしたが、最近では逆援助交際で女性が男性を探すこともあります。

こんな風に気軽に簡単に遊び相手を探すことができるのはどういった原因があるのでしょうか?
それはスマートフォンの利用者の増加が影響しているでしょう。
総務省が発表した平成25年度末における年代別のスマートフォン(インターネット)の利用率は、13歳~19歳までが97.9%と20歳~29歳までの98.5%に続いて2番目に多い数字になっています。
13歳未満の利用率は73.3%と65歳~69歳までの68.9%よりも高い数値になっており、10代から50代までの世代の人たちがスマホを使ってネット環境に触れる機会が多いこととなります。

インターネットの利用状況
平成26年末における個人の世代別インターネット利用率は、13歳~59歳までは各階層で約9割を超えているのに対し、60歳以上は下落しているものの、60代と70代では平成25年末よりも利用率が増加している。
総務省発表のデータ画像
出典:総務省|平成27年版 情報通信白書|インターネットの普及状況

スマートフォンがあれば簡単に援助交際にアクセスできる!

スマホとラインと援助交際スマートフォンがあれば24時間いつでもどこでも掲示板・SNSサイト・援交アプリを使うことができるからです。
パソコンでしか利用できなければ自宅に自分専用のパソコンが必要です。

家族と共用のパソコンであれば援助交際をしていることがバレる可能性が高いからです。
ネットカフェを使う方法もありますが、無料ではありませんからコスト負担がつきてまわるのです。

近頃ではご家庭でもいつでも連絡できるツールとして18歳未満の高校生・中学生・小学生にもスマートフォンを持たすのが普通になってきています。

身近にこういった援助交際の必須ツール・スマートフォンがあれば、ついつい使いたくなってくるのは自然なことでしょう。
その中でもやはり突出した人気があるのがLINEです。

無料で利用できますし、利用者が多いこともあるでしょう。
男性も女性も普段のやりとりでもLINEを使っていますから使い慣れていることも大きいです。

実際に援助交際の相手を探したいと思ってもツールに不慣れならば面倒になります。
ですがシンプルな操作性のLINEは使い慣れているし、最適だと思います。
このことがLINEで援助交際が広がっている大きな理由になっているは明白です。

LINEを使った援助交際が流行っている事実はあきらかです。
その大きな理由の一つとして18歳未満の児童にもスマートフォンが広まっていることです。
そしてLINEには年齢制限もなく、援交アプリなども簡単に入手できるようになっていることです。

LINEのインストール方法と使い方

LINEは買ったばかりのスマートフォンには入っていません。
そのため、自分で端末の中にインストールする必要があります。

LINEのインストール方法 LINEのインストール方法

インストールする場合は、それぞれの端末にデフォルトで入っているストアから行います。
機種がiPhoneの場合は「App Store」、Androidの場合は「Google play」です。

lineのアプリストア

開いて出てきたページの上部に、アプリを検索できるスペースがあるはず。
そこに「LINE」と打ち込むと、所望のページが出てきます。
後はインストールボタンを押して、処理が完了するまで待ちましょう。
アイフォン用のLINEアプリ】【アンドロイド用のLINEアプリ

LINEの基本的な使い方 LINEの基本的な使い方

LINEは特定のユーザーとチャットをすることがメインのアプリです。
一覧から相手を選んで、トークをタップすると始められます。

他にも複数人とチャットできる「グループ」、電話できる「通話」、文章ではなく画像を送れる「スタンプ」などの機能も盛り沢山です。

簡単にコミュニケーションの取れる機能の存在

通常の携帯電話では、通話するには電話番号が、メールするならメールアドレスが必要になります。
しかし、LINEではその代わりとして「ID」が使われます。

  • IDは個人を識別する記号

    IDは携帯電話で言うところの電話番号、学校のクラスで言うところの出席番号など、1人1つずつ持った記号のことを指します。
    1人で複数のIDを持つことはできませんし、同じIDを複数の人が持つこともできません。

    チャットや通話などを送るためには、このIDを相手に知らせる必要があります。
    逆を言うと、知りさえすれば誰でも送れるということにも。
    迷惑メッセージなどを送り付けられることがないよう、IDの管理には十分注意したいところです。

  • 女性と出会うためにはまずIDを交換するところから

    LINEを使って援交するなら、まずは相手のIDを知らなければ始まりません。
    これは適当に検索すればたくさんの女性がヒットする出会い系サイトとは違う部分です。

    交換方法はさまざま。
    友人など実際の知り合いと、出会い系サイトやツイッターなどで仲良くなった女性となどがあります。
    前者の場合は「ふるふる」「QRコード」など簡単に交換できる機能も使えます。

それ以外にも、以下のように掲示板を使ってIDをゲットする方法もあります。

専用の掲示板でLINEのID交換ができる

ID交換掲示板とは、その名前のとおりLINEのIDを交換するためのスレッドです。
使い方は簡単、援交相手を募集しているという内容と一緒に自分のIDを投稿するか、反対に書き込み内容から気に入った女性を見付けてメッセージを送ります。

もっとも多いものはLINEですが、それ以外にもskypeやカカオトークなどの通話アプリを交換できるところもあります。
実際の知り合いを見付ける必要がなく、仲良くなる手間を省いてIDをゲットできる点はとても便利です。

ただし、それと同時にリスクも十分意識しなければなりません。
不特定多数の目に入るところにIDを書き込む以上、悪意あるユーザーがメッセージを送ってくることも疑いましょう。

サクラや業者が紛れ込んでいるID交換掲示板

ID交換掲示板でもっとも気を付けたいものがサクラや業者。前者は運営が自作自演していること、後者はそれ以外の企業が書き込みしていることを指します。どちらも出会う気など全くないため、メッセージを送る時間を浪費するだけの有害な存在です。

「こっちのほうが出会えるよ」と有料の出会い系サイトに誘導したり、個人情報を盗み取って詐欺を働いたりなど、良いことがありません。ID掲示板を使う時は、被害に遭わないよう十分に注意する必要があります。

LINEと援助交際に関連する記事を読む

10代の間でLINE掲示板が援交に利用されています

カカオトーク掲示板もJKの援交に利用されています