援交サイトへの書き込み援助交際に興味のある人にとって、援交サイトに書き込みすることが法に触れるかどうかは大変大きな問題です。実際に会わなくても、掲示板への書き込みだけで犯罪になってしまう場合もあります。ここでは、どのようなケースで法律に触れてしまうのか、説明していきます。

18歳未満をターゲットにした援交募集はNG

出会い系などの掲示板に、18歳未満の児童(少年少女)に対して援助交際を持ちかけるような書き込みをすると、実際に会っていなくても出会い系サイト規制法に違反する可能性があります。

出会い系サイト規制法とは?

「出会い系サイト規制法」正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」と言います。これは、平成15年に制定され、その後平成20年に、事業者に対する規制の強化を図るため、同法の一部が改正され、 平成20年12月1日から施行されています。

詳しくは警視庁の出会い系サイト規制法に関することを少し引用させていただきます。

「出会い系サイト規制法」(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。)は、平成15年に制定されました。

  • 出会い系サイト規制法の目的
    • この法律は、出会い系サイトの利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、もって児童の健全な育成に資することを目的としています。
    • この法律における「児童」とは、18才未満の少年少女のことです。
  • 出会い系サイトを利用する方に関する事項
    • 出会い系サイトの掲示板に児童を相手方とする異性交際を求める書き込みをすること(禁止誘引行為)は禁止されています(第6条)。
    • 出会い系サイトの掲示板に児童を性交の相手方とする交際を求める書き込みをした人や児童を相手方とする金品を目的とした異性交際を求める書き込みをした人は、処罰の対象となります。
    • 児童が出会い系サイトを利用することは認められていません。
さらに詳しく知りたい方は警視庁の運営するサイトにてご覧ください。
出典:警察庁:あぶない!出会い系サイト:出会い系サイト規制法の解説

分かりやすく言えば、成人が18歳未満の児童に対して性的関係を持ちかけること、あるいは児童が成人に対して性的関係を持ちかけることを禁止しています。また、性行為がなくても児童に対してお金などをちらつかせて援助交際を持ちかけること、もしくは児童がお金などを受け取ろうとして成人に対して援助交際を持ちかけることを禁止しています。

たとえば、「女子高生募集」といった書き込みをした時点で、法に触れることになります。これが、冗談であったとしても、サクラの書き込みであっても、警察に摘発されれば犯罪になります。

出会い系サイト以外でも出会い系サイト規制法違反?

ここでの注意点として、出会い系サイト規制法は、SNSやゲーム、掲示板などでも適用されます。つまり、どこのBBS(電子掲示板)であろうと、18歳未満の児童に対して援助交際を求める書き込みをすれば、犯罪になります。

優良出会い系では、年齢認証などで18歳未満の人の利用ができないようにすることが急務になりました。そこで、生年月日の分かる身分証明書を提出しなければならないなど、厳しい規制が行われました。そのため、比較的規制の緩いSNSなどの出会い系以外で、援交のやり取りが多く行われるようになってきているのが現状です。

下の動画にそのようなことが言われていたので掲載しておきます。

出会い系サイト規制法に伴う、措置や問題について説明してきました。結論を言えば、どこのBBS(電子掲示板)や掲示板であろうが18歳未満を対象とした買春、売春、が疑われるような書き込みをすれば犯罪になる可能性は大です。そうならないためにも、セキュリティーがしっかりしている優良サイトで女性と探すのが無難です。

関連記事