沖縄では、那覇市よりも沖縄市の女の子が援交に手を出すらしいという情報を聞きました。
夏休みを利用したりして沖縄に遊びに行く男性ならば、一度現地でチャレンジしてみてください。
ちなみに僕はハッピーメールで試してみましたが会えそうな感じがありましたね。
ハッピーメール公式

那覇市内で出会う場合はプロが多い?

那覇市の援デリ「那覇市は観光化されすぎています」と空港から那覇市内のホテルへの移動のタクシーの中で運転手さんから言われた一言が心に残っています。
那覇市内で出会い系サイトを使って援助交際の相手を探す場合、風俗関係者がユーザー登録している場合が多く初々しい女の子とのやり取りというのは少ないと言われました。

那覇市での風俗はどちらかというとデリヘルがメインになっています。
プロの女性が多い感じで援デリ業者が多いように思いました。
援デリ業者はあくまでも援助交際のような雰囲気を匂わせつつ、男性客に近づき援助交際と銘打ってデリヘルと同じような淡々とした業務をこなすといった印象です。

そう考えると沖縄市の方がチャンスがあるのではないでしょうか?
デリヘルの件数も沖縄市は那覇市の半数ほどです。

■沖縄の性的なサービスで有名な「前原社交街」はちょんの間

肉食系男子ならば知っていると思いますが15分5,000円で遊べるスポットがあります。
地元では童貞喪失の定番スポットになっています。
こういった雰囲気がある地域ですから、女性も開放的になってくるのではないでしょうか?
風俗経験者が援助交際に移ってきていることもあります。

■沖縄市の援助交際の待ちあわせ定番スポット

まずは沖縄市から離れていることが大切です。
ご近所の目もありますから、大らかな沖縄県民とはいえそれは配慮してあげましょう。
浦添市やうるま市を選んでできるだけ人目につきにくい場所にするといいと思います。

観光地であればバレることもおおいです。
地方から来た場合はレンタカーを借りて車で迎えにゆきましょう。
車でピックアップしてすぐに発進すれば誰かに見られることもありません。

沖縄市の女性は気さくで細かい所には拘らないでしょう。
狙い目はやはり人妻ですね。
沖縄市は専業主婦率が高いです。
ご主人は平日でも飲みに出かけて夜まで帰らないパターンが定番です。
時間を持て余した人妻が狙い目でしょう。

沖縄県で援助交際に利用されるラブホテルに関する情報

沖縄は本州と違って鉄道が敷かれていないので移動は基本的に車を利用することになります。
モノレールが開通していますが那覇市内の一部だけの区間しかないため、沖縄の地元民の足として大活躍しているというまでには至っていないようです。

上記のような影響から本土の援助交際によくありがちな『待ち合わせ場所は○○駅』でといったことがなく、一般的に地元民が利用している大型スーパーやファストフード店、コンビニなどの駐車場での待ち合わせが基本となっているようです。

ちなみに沖縄限定のスーパーとして沖縄県民に愛されている「サンエー」という大型スーパーが県内の各所で店舗運営がされており、若い女性向けのファッションを取り扱ったショップやファストフード店も多く入っているため、若い少女たちにとっても援助交際の待ち合わせ場所として利用されることが多いようです。

援交の相手と待ち合わせてもスーパー近くにラブホテルが無いことがありますが、基本的に沖縄は車社会なので移動10分程度でラブホテル街に向かうことが可能となっています。

主にラブホテルが立ち並ぶエリアとして那覇市の場合、辻や若狭周辺に多くあります。
那覇市の辻はソープランドなどの風俗関連施設も多く、まさに沖縄の性文化を集約したエリアだと思います。
ラブホテルだけでみると沖縄市の比屋根エリアは沖縄のラブホテルの約半数が集中しており、那覇市よりもラブホテルの数は群を抜いて多いです。

理由として米軍の基地が近いため、昭和の後半にアメリカ人との援助交際に利用するため次々にラブホテルが誕生することとなったのです。
それが現代では女子高生や女子大生を中心とした援助交際のためのラブホ利用に流れていったのでしょう。

那覇市周辺の口コミ人気の高いラブホテル情報

沖縄市周辺の口コミ人気の高いラブホテル情報

浦添市・宜野湾市の口コミ人気の高いラブホテル情報

関連記事